歯並びを矯正する方法やメリット・デメリットについて

歯並びを矯正する方法とは?

歯並びが悪いと、どうしても自分の笑顔に自信が持てないものです。思い切って笑えるようになるために、歯並びを矯正したいと考えている人は、決して少なくないと思います。実際に歯科クリニック等で行われている歯並びの矯正方法は、多岐に渡ります。まず歯並び矯正治療の現場でよく行われているのが、ブラケット矯正です。これはその名の通り歯にブラケットを装着し、矯正していく方法です。ブラケットとは、歯列全体を固定するためのワイヤー装置です。メタル製のものだけでなく、透明素材のものもあります。またマウスピース矯正も、歯並び矯正における代表的な方法の1つです。マウスピースは取り外しが可能で、マウスピースを期間ごとに付け替えることで、少しずつ歯並びを矯正していきます。その他、インプラント矯正やセラミック矯正、部分矯正などの方法もあります。

歯並び矯正のメリットとデメリット

実際に歯並びの矯正を行うことには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。はじめにメリットとして挙げられるのが、歯の噛み合わせが良くなることです。噛み合わせの良し悪しは、食事における咀嚼に大きく影響するものです。よく噛めることによってアゴの筋肉も鍛えられますし、唾液の分泌も活性化されます。噛み合わせが良くなることは、歯科矯正の最大のメリットだと言えるかもしれません。また、歯並びの見た目が良くなり、自分の笑顔に自信が持てるようになることも、大きなメリットですね。一方、デメリットとして挙げられるのが、治療に時間がかかることです。矯正治療は、すぐに終わるものではありません。一定期間継続しなければ、成果が得られないというデメリットがあります。

大人になってからでも出っ歯の矯正をすることは可能で、抜歯による矯正と抜歯を行わずに治療する方法があります。